商用CMS SITEMANAGEの様々な機能

ウェブサイトを運用するためのCMS基本機能

ウェブサイトの目的によってCMSに必要な機能は変わります。しかし、どんなウェブサイトにも共通して必要な機能があります。
このページでは、SITEMANAGEが実装している機能について紹介させていただきます。

見たまま編集
見たまま編集
コンテンツ管理
コンテンツ管理
テンプレート
テンプレート
ブログ機能
ブログ機能
ニュース配信機能
ニュース配信機能
公開タイマー機能
公開タイマー機能
サイトマップ機能
サイトマップ機能
SEO関連機能
SEO関連機能
スマホ対応(レスポンシブ)機能
スマホ対応
(レスポンシブ)機能
SNS連携機能
SNS連携機能
XML/RSS配信機能
XML/RSS配信機能
フォーム作成機能
フォーム作成機能
セキュリティ対策機能
セキュリティ対策機能

見たまま編集

ウェブサイトのページを作成する際には、HTMLやCSSといったWeb(言語)の専門知識が必要ですが、ウェブ上に表示されている状態に近い見た目からWebページを編集できるのが「見たまま編集」機能です。

見たまま編集

コンテンツ管理機能

CMSのメイン機能。テキスト、画像、動画など、ウェブサイトに掲載したいコンテンツファイルをアップロードして管理できる機能です。

コンテンツ管理機能

テンプレート機能

作成するウェブサイトのページを増やす際や、ページ内の特定のブロックを追加するときに、あらかじめ汎用性のある型を用意して登録することが出来ます。
それがテンプレート機能です。
テンプレートを用意することで、一からページを作る手間を省けるだけでなく、
サイト全体のデザインに統一感を持ったまま新しいコンテンツを追加することができます。

テンプレート機能

ブログ機能

最近では企業がブログ記事を発信するコンテンツマーケティングの動きが活発です。
自社サイトに併設したブログ型のオウンドメディアはウェブ集客において大きな効果が見込めます。
SITEMANAGEにはブログコンテンツが簡単に作成でき、円滑に更新作業を行える機能があります。

ブログ機能

ニュース配信機能

新製品情報、割引などのキャンペーン情報、イベント情報など…。ユーザーに知らせたいニュースを簡単に作成し、円滑に更新作業を行える機能です。

ニュース配信機能

公開タイマー機能

タイミングに合わせて発表したいプレスリリースや期間限定のキャンペーン、
お休みのお知らせや季節の挨拶など、日時を指定して公開したいページは割と多いものです。
そんな時にSITEMANAGEの公開タイマーが活躍します。
公開タイマー機能はさまざまなプラグインで使えます。

公開タイマー機能

サイトマップ機能

Webサイトを運用するなかで、不要になったページを削除したり、新しいページを追加したりといったことが出てきます。
その都度手動でサイトマップページを修正していては手間がかかりますし、人的ミスのリスクもあります。
サイトマップ機能があれば、ページの追加・削除があると自動でサイトマップページを更新してくれます。

サイトマップ機能

SEO関連機能

SEOで重要となってくるtitle、description、keywords、h1といったタグを、SITEMANAGEの編集画面上で設定できるため、SEO対策が容易にできます。

SEO関連機能

スマホ対応(レスポンシブ)機能

ネット利用者の半数近くがスマホからアクセスしているともいわれている昨今、画面の大きさに合わせて
デザインのレイアウトが変化するレスポンシブ対応が必須となってきました。
レスポンシブ対応しておけば、新規ページを追加する度、スマホ向けに作り直す必要がなく、PC向けページを作成するだけで自動的にスマホ用に最適化されます。

スマホ対応(レスポンシブ)機能

SNS連携機能

SNSが普及している昨今、Webサイトで掲載しているコンテンツをSNSで拡散したり、
誰かがSNSに投稿した内容で自社サービスに関連するものを自社Webサイトの記事に引用したりと、
SNSとの連携は欠かせないものとなってきました。
SITEMANAGEではTwitter、Facebook、YouTubeの3つのSNSとの連携させることができ、
ウェブサイトで発信した情報を自動的にSNSに発信することができます。

Twitter・Facebook連携

Twitter・Facebook

YouTube連携

SNS連携機能

XML/RSS配信機能

「お知らせ」などのWebサイトの更新情報を自動的にユーザーに知らせてくれる機能です。
更新情報をコンテンツ配信フォーマット(XML/RSS)として出力する機能です。

XML/RSS配信機能

フォーム作成機能

Webサイトから見込客の情報を集めるには、会員登録しないと閲覧できないページや、
会員登録してからダウンロードできるようになる資料を掲載するなどの施策が効果的です。
そんな時に必要となってくるのが、ユーザーの個人情報などを入力するフォームページ。
そのフォームページを作成・編集することができます。

フォーム作成機能

セキュリティ対策機能

クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクション、OSインジェクションなど基本的な脅威となる不正アクセスへの対策はもちろん標準装備。
さらにスタッフグループごとにアクセスできる情報を制限することで、近年多く問題になっている内部からの情報漏洩もしっかり防ぐことができます。

セキュリティ対策機能

まだまだある、SITEMANAGEの
便利すぎる機能

かゆいところに手が届く、さまざまな便利機能が管理画面全体に施されています。

マルチサイトライセンス

複数のサイトを
ひとつのシステムで一元管理。

1システムで複数のサイトを管理できる「SITEMANAGE PRO」。各サイトごとにデザインやドメインを独自のものにできます。1サーバで運用ができますので、インフラにかかるコストも大幅に削減できるのが特長です。

例えばグローバルにサイトを展開するのに、複数言語を用意する場合。あるいは、世代別にデザインを分けたECサイトを構築する場合。管理画面がそのたびに増えては業務効率は格段に落ちてしまいます。
SITEMANAGEのマルチサイトライセンスを使えば、ひとつの管理画面で複数のサイトを管理できますので、時短につながり運用コストを抑えることができるのです。

ニュース配信機能

カスタムエクスポート

よく使うエクスポート条件を保存して
いつでも呼び出せます。

ニュース配信機能

CSVをエクスポートする時に欲しい情報だけを指定してエクスポートできます。さらに、その指定を保存しておいてあとから同じ条件でエクスポートすることが可能です。繰り返し使うオペレーションなので効率的に運用したいと考えました。

アナリシス

アクセス解析結果を
グラフィカルに表示

ニュース配信機能

ユーザのアクセス情報を解析してグラフィカルに表示します。「このページは滞在時間が長いから掘り下げたページを展開しよう」「この時期にページビューが多かったから同じようなキャンペーンを企画しよう」といったサイトの最適化を分かりやすく説得力のあるデータで計画できます。

ダイレクトエディット

公開側プレビューで範囲を確認、
そのまま編集画面へ

ニュース配信機能

公開側サイトをプレビュー中、更新すべき情報を見つけたらそのまま編集画面を開いて更新。ページ名称や商品名などでいちいち検索する手間が省けるので運用コストも時間もかなり節約することが可能です。

フューチャープレビュー

指定した日時で公開側をプレビュー
更新ミスを減らすことができます

ニュース配信機能

公開日時を設定したページの表示やリンクに不安がある時、指定した未来の日付でサイトまるごと公開側がプレビューされるので完全なテストができます。「こうなるはず」という手探りの更新作業から開放され、更新ミスを飛躍的に減らすことができます。

権限管理

グループごとに役割(ロール)を決めて
使える機能を制限できます

ニュース配信機能

スタッフを「スーパーアドミン」「サイト管理者」「入力オペレーター」のようにグループ分けして、グループごとにアクセスできる機能を制限できます。必要な機能だけ表示されるのでコントロールパネルに無駄がなくなり、安全なサイト運営が行えます。

ダイナミックサーチ

絞り込み時、検索結果が
動的に変更されます。

ニュース配信機能

各コンテンツに対する検索条件を自分の好きな設定にすることができます。設定パターンは保存でき、複数パターンの登録が可能になります。オペレーション回数の多い検索のしやすさはCMSにおいて重要なポイントだと私たちは考えます。

リリースタイマー

ページの公開・非公開を
設定した日時で切り替えられます。

ニュース配信機能

タイミングに合わせて発表したいプレスリリースや期間限定のキャンペーン、お休みのお知らせや季節の挨拶など、日時を指定して公開したいページは割と多いものです。そんな時にSITEMANAGEの公開タイマーが活躍します。ページも製品もさまざまなプラグインで使えます。

マルチデバイス 

コントロールパネルが
出先から使えます

マルチデバイス

コントロールパネルはタブレットでもパソコンと同じ感覚で表示・操作が可能です。突然の情報更新や承認作業が必要になっても、出先から更新ができますので外に出ていることが多くてもサイト運営が滞ることなく行えて安心です。

グローバル対応

入力スタッフに合わせ
言語を変更できる

ニュース配信機能

コントロールパネルを複数用意して多言語で操作できます。サイト運営者が各国で異なる場合や、データ構造・商品構成が異なる場合に最適です。フィールドを分けてひとつの入力画面に一度に各言語のデータを入力することで、ひとりの入力担当スタッフが複数言語のページを作成する場合にも対応可能です。

ご興味を持って
いただけましたか?

このサイトでお伝えできることはSITEMANAGEの魅力のほんの一部。
少しでも気になったら、是非資料をお手にとってみてください。新しい発見があるはずです。

わからないことが
ありますか?

分かりづらい部分がありましたら申し訳ございません。
みなさまの声によって、わたしたちは成長し続けます。
「なにができるの?」「こんな機能はある?」など、どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは 03-5847-1281 営業時間:平日9:30~18:00
SHIFT
SCORE
TOP