または03-5847-1281
株式会社シフト システム事業部(平日 9:30~18:00)

お問い合わせフォーム
「CMS」の運用をしていく上で重要なこととは?導入前に、ピックアップしましょう!

「CMS」の運用をしていく上で重要なこととは?導入前に、ピックアップしましょう!

投稿日時:
2018/10/16 17:22

こんにちは、株式会社シフト データアナリスト担当『H』です!

ヤフーは「Yahoo!JAPAN ID」に紐付いたユーザーの購買情報などのビックデータを分析し
数値化する「信用スコア」の事業に参入すると表明しました。

導入企業は、提供されたスコアを基にサービスの利便性向上を目指す方向。

スコアに基づき、申し込み手続きの簡略化などを行っていく模様です。

これにより、ますます「マーケティングオートメーション」に加速がかかるかもしれません!

弊社のCMS「SITEMANAGE」を傾向やトレンドなどを交えながらもご紹介させていただければと思います。
本日は「CMS」の運用についてご紹介させて頂きます。

◆テーマ:「CMS」の運用について

1、「CMS」の運用においての注意点

最近の「CMS」は、「ニュースやブログのコンテンツ作成」や「上長からの承認機能」などが最低限の機能としてスタンダードになっている場合が多いです。
中には、メール配信機能やアクセス解析機能、xmlによるサイトマップ作成等の本来なら追加機能であるようなものもあり、スタンダードとしての機能が増えてきています。

自社のサイトはどの様な「CMS」で運用するべきなのか検討段階で悩む事が増えてきているのも事実です。
機能が同じ様なものが増えて比較しづらくなってきています。

機能を追加したものの運用段階になって使用しないプラグインが出たり、難しくてリテラシのある人間でないと扱う事が出来なかったり、

運用段階になって問題が出てくることが非常に多いです。

ここでは、「CMS」の運用においての注意点をご紹介させて頂きたいと思います。

【1.プラグインが多ければ良い訳ではない】

プラグイン数が多ければ良い「CMS」ということではありません。

「運用をしていく上で本当にこのプラグインは必要なのか?」を考慮した方が良いです。

プラグイン数が多ければ多い程、全てを使いこなすのに時間と労力がかかります。
まずは最低限必要なプラグインを選択しておき、運用に慣れてきたら新たにプラグインを追加していく、など、自社サイトの規模と照らし合わせて

CMS導入の段階で戦略を立てましょう。

【2.サイト運営者がどの様に運用するかを考慮する】

「CMS」を運用する上で担当者がどの様に運用するのかを考慮しておく必要があります。

例えば、コーポレートサイトを運営する場合、大抵の場合は複数部門で管理する事が多いです。

ニュースやブログの更新は広告部門、商品情報は営業部門といったような切り分けがなされています。

情報の登録や更新は一般社員が行い、上長が確認や承認をするという流れがあることが多いですし、機能ごとに閲覧が制限されている場合もあります。
実際の運用に照らし合わせて、どこまでの機能が必要なのか整理整頓することが肝要です。

会社ごとの独自の運用に合わせたカスタマイズができたり、導入後にプラグインを追加することができる「CMS」であれば

導入後の状況に合わせて拡張していくことが出来ます。

サイト運営者がどのように運用していくのか考慮した上で、「CMS」を選びましょう。

多くのCMSにおいて機能が似通ってきており、 比較検討することが難しくなっております。

機能が多いのが良い「CMS」ではなく運用上、問題なく扱える事が大切です。

また、どの担当者がどの様に使用していくのかを考慮し制作会社と話し合いながら必要なプラグインを
決定しく事が良いと思います。

カスタマイズ対応やプラグインの追加が可能な「CMS」であれば、導入時は必要最低限の機能から始めていき、
サイトの規模感が大きくなってきて運用上の負担が重たくなってきたタイミングで追加開発を行っていく、というようなフェーズ分けが可能です。

それでは次に、運用する上で避けては通れないユーザーを惹きつける方法についてご紹介させて頂きます。

2、ユーザーを惹きつける方法

サイトを運用していく上で、避けては通れないのが「ユーザーの惹きつける方法」です。

効果的な方法がいくつかあるのでご紹介させて頂きます。

【1.サイト内に動画を埋め込む】

サイト内に動画を埋め込む事で、ユーザーの目を惹きつける事が出来ます。

惹きつける事が出来るのに加えて、テキストで紹介していたものは動画やナレーションで改めて紹介することによってより分かりやすく伝わるという効果もあります。
文章を読むのが苦手なユーザーや動画を見る方が好きなユーザーには、効果的に印象づける事が可能です。

現代ではYoutubeがスタンダードになってきている事もあり、動画に抵抗を持つユーザーが少なくなっているので
商品紹介等の動画を埋め込む事でユーザー離れを減少させる事につなげられます。

動画を閲覧する事で、ユーザーの滞在時間も自然と伸びていきます。

サイト滞在時間が伸びる事でGoogleの評価が良くなると発表もされています。

動画を利用していく事は、ユーザーの目を惹いたり商品やサービスを分かりやすく紹介出来る上に閲覧時間も伸び、
検索エンジンの評価も上がりますのでまさに濡れ手に粟。動画の内容にもよりますが、とても有効的な方法と言えます。

【2.SNSタグを埋め込む】

現代においてはSNSを利用して拡散していく事は、ほぼ必須と言えます。
SNSで新たな流入先を拡大する事も可能です。

直接的にSEOに有効ではありませんが、SNSから話題になりブログやまとめサイトに拡散してもらう事で
ユーザー数を劇的に増やしたりする事もできます。

その為にも、SNSと記事を連動している場合は「title」「keywords」「description」と同様に
SNSタグをきちんと設定しておく事が必要です。

SNSタグは「OGP」と呼ばれています。
この設定がなされていると連動した記事のタイトルや内容や画像やURLがSNSに反映されるので、
拡散された際にユーザーにとって分かりやすいものとなります。

設定が無いとこれらの連動された内容が正しく反映されなかったり、
項目自体が非表示になったりするので設定する事をおすすめします。

ユーザーを惹きつける方法としては、サイト内に動画を埋め込んでサイトの滞在時間を伸ばしていき 情報を分かりやすくしていく方法があります。
動画は利点が多いので、可能であればどんどん載せていきましょう。

SNSタグも設定をしておく事で今まで想像もつかなかった程ユーザー数を伸ばしたり出来るので これも効果的な手法と言えます。

次に、「CMS」を運用する上で利点が多い、弊社の「SITEMANEGE」の機能をご紹介させて頂きます。

3、「SITEMANEGE」機能紹介

【カスタマイズ可能】

まずは最低限の機能で運用していきながら、サイトの規模が大きくなってきたときに新たにプラグインやカスタマイズ機能を追加していく。

SITEMANAGEはそういったフェーズ分けを可能にするCMSです。

なぜなら、全ての機能を自社で開発でしているので、御要望に柔軟に対応することが出来るからです。

そのように拡張性のある「CMS」ですので導入後の運用は非常にしやすいです。

【権限管理可能】

コーポレートサイト等でコンテンツを作成する部署が違う場合も出てきます。
社員の所属部署によって、あるコンテンツは閲覧させなくさせたり、権限によって承認機能をつけたり。
SITEMANAGEではそういった細かな権限付与が可能です。

上長が確認したあとに公開にする、というような設定も可能です。

また、グループ分けして部署で管理することもできます。

大人数で運用していくことを想定した機能を搭載しております。

【Add Youtube】

動画はユーザーを引きつける方法として有効的と前述致しましたが、
こちらの機能はYoutubeの動画を埋め込む事が可能なプラグインです。

管理画面上でYoutubeのデータを検索して動画を貼り付ける事も可能です。

いちいち管理画面とYoutubeを行ったり来たりする手間が省けます。

「CMS」の運用上の注意点をまとめると、
自社サイトの運用に合った最適な機能かどうかを検討する。多すぎず少なすぎず、サイト運営者が運用出来る範囲のプラグイン数になっているかを考慮する。
決して、多ければ良いものではありません。

カスタマイズやプラグイン追加が可能な「CMS」であれば、必要最低限の機能から初めて徐々に追加していく事も可能。サイトの規模感に合わせて整理整頓しておくことが重要です。

ユーザーを引きつけるには、「動画」と「SNS」が有効です。
効果的に使えば、ユーザーを引きつけたり劇的にユーザー数を伸ばしたりする事も可能です。

弊社のCMS「SITEMANAGE」であれば、カスタマイズ可能な上にプラグインの追加も自由自在です。

「運用しやすいCMSを検討している」「承認機能を追加したい」「汎用性のあるCMS探している」などございましたら
ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ

人気記事
カテゴリー
編集部おすすめの記事

社内ポータルサイト成功の秘訣!社内に浸透しやすい構築方法

はじめに 企業内の情報を確認するのに欠かせない存在といえるのが、社内ポータルサイトです。 社内に散らばった情報を一元管理し、さらにその管理を容易にする社内ポータルサイトは、非常に便利なツールだといえるでしょう。 会社の規模が大きくなるほど、組織・拠点ごとに複数の社内ポータルが用意され、社員はどこに何があるのかがわからず、あまり利用されず情報共有がうまくい…

ポータルサイトとは?成功事例に学ぶ失敗しない構築方法!

はじめに 「ポータルサイトってよく耳にするけれど、普通のWebサイトとなにが違うのかよくわからない」という方も少なくないと思います。 一般的な企業情報を発信するコーポレートサイトとの一番の違いは「集客」が目的になっている点です。 ポータルサイトの構築・運用がうまくいけば、これまで繋がりのなかったユーザーと新たな接点を作ることができ、多くのユーザーが集まるWebサイトになります。 …

CMS構築ってそうだったのか!制作のプロがわかりやすく解説

はじめに 「 Web サイトを作りたい」「 Web サイトをリニューアルしたい」など検討していると、必ず耳にするのがこの「 CMS 」だと思います。 Web サイトの更新や管理が簡単に行えるなど、概要は知っているけれど、実際構築するにあたって気を付けておくべきことや必要なものは何なのか。 どういう流れで構築されるのか。などなどさまざまな疑問があると思います。 この記事では…

よくある質問検索

例えば「メリット CMS」などのように検索してみてください

ご不明な点、気になることやご相談がございましたら
どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。

または03-5847-128103-5847-1281
株式会社シフト システム事業部(平日 9:30~18:00)

株式会社 シフト
〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2丁目9-8
Daiwa日本橋堀留町ビル2階
シンプル運用が可能なスコアリングMAツール
シンプル運用が可能なスコアリングMAツール
Webマーケティングに悩む企業の強い味方
Webマーケティングに悩む企業の強い味方
はじめませんか?マーケティングの最初の一歩
はじめませんか?マーケティングの最初の一歩