どんな些細なことでも お問い合わせはお気軽にどうぞ

または03-5847-1281
株式会社シフト システム事業部(平日 9:30~18:00)

お問い合わせフォーム
CMS構築ってそうだったのか!制作のプロがわかりやすく解説

CMS構築ってそうだったのか!制作のプロがわかりやすく解説

投稿日時:
2020/04/01 09:55

CMS構築

はじめに

Webサイトを作りたい」「Webサイトをリニューアルしたい」など検討していると、必ず耳にするのがこの「CMS」だと思います。
Webサイトの更新や管理が簡単に行えるなど、概要は知っているけれど、実際構築するにあたって気を付けておくべきことや必要なものは何なのか。
どういう流れで構築されるのか。などなどさまざまな疑問があると思います。
この記事では実際にCMSを構築する際に、当社がクライアント様との打合せの中で確認することや、その際の注意点、構築の流れについて詳しく解説していきます。
この記事を読めば、CMSを構築する心構えがしっかりとでき、これまでぼんやりとしていたCMSのイメージもより明確になるでしょう。

1.そもそもCMSを構築するとはどういうことか?

CMS構築とは

CMSとは「コンテンツマネジメントシステム」の略で、「コンテンツ管理システム」とも呼ばれます。
CMSはHTMLやCSSといったWebに関する専門的な知識がない方でも簡単にWebサイトの更新作業が行えるシステムのことをいいます。
Webサイトを運用するにあたり、頻繁にページの更新をする場合、ほとんどのケースで検討されるのが、このCMSです。
簡単に申し上げると「Webサイトの運用を簡単にしてくれるシステム」を構築するといったところです。
こちらのページではCMSについてさらに詳しくご紹介しております。
「CMSとは一体何なのか?その特徴、導入のメリットデメリットについて書きました!」の記事を見る


2.CMS構築のメリット

CMS構築するメリット

専門知識がなくても簡単に運用できる

専門知識や技術がなくてもwebサイトを更新できるため、制作会社に依頼せずとも社内の担当者で簡単に情報発信することができます。

運用コストを減らせる

Webサイトの更新を制作会社に依頼する必要がなくなるため、外注コストの削減ができます。

リアルタイムに情報発信が行える

専門知識がなくてもページの更新が行えるため、思い立った時にすぐ情報発信をすることができます。
ユーザーが求めている情報を的確かつ、タイムリーに発信することにより、ユーザーの再訪率アップに繋がります。

 

SEO対策しやすい

ページ更新頻度が上がれば、検索エンジンの評価も上がり、SEO対策に繋がります。
しかし、ページをたくさん更新しても、CMSが出力するHTMLのソースコードが、検索エンジンが理解しづらいものになっていると、SEOの効果はあまり見込めません。
SEO観点からみるCMSのメリットは、「titleタグ」、「metaタグ」、「hタグ」などを簡単に設定できることにあります。
SEOにおいてそれらのタグにターゲットキーワードを入れることはとても重要で、適切にターゲットキーワードキーワードを入れることで、検索エンジンに対してページの内容を正確に伝えることができます。
加えて、ユーザーはタイトルやサイトの説明を見てWebサイトへ流入してくるので、クリック率を増加させるために非常に重要な要素です。
CMSではこの「titleタグ」、「metaタグ」、「hタグ」を簡単に入力できる欄があり、そこにキーワードを入力することでhtmlをいじることなく簡単に設定できます。

 

CMSで構築すれば、Webサイトを運用するうえで、様々なメリットがもたらされます。
その他のメリットについては、こちらの記事で詳しくご紹介しております。
「「CMS」を導入するメリット、また導入する際に気を付けるべきポイントは?」記事を見る

 

3.CMS構築のデメリット

CMS構築するデメリット

CMSの操作感を覚える必要がある

CMSがシステムである以上、操作方法を学習する時間は必要です。
最近では、直観的に操作できるものが多いため、普段からWordExcelなどの操作ができる方であれば、比較的簡単に操作方法を習得できます。
また、Webサイトの管理者方は更新方法だけでなく、ユーザー管理機能やサイト管理機能といった管理者向け機能についても理解する必要があります。

 

デザインの自由度が制限される

CMSはデザインテンプレートというものがあり、その決められた枠組みの中で、テキストや画像を入れ替えてページの更新等を行っていきます。
なので、そのデザインテンプレートと大きく異なるデザインのページを作成できないので、デザインの自由度は制限されます。

 

データ移行が大変なことも…

 データ移行にも様々なパターンがあります。
Webサイトのほとんどは、大きく分けて2つパターンで運用されていることが多いです。
 1.   現在のWebサイトがCMSを利用して運用されている場合
 2.   静的ページとして作られている場合 

1.現在のWebサイトがCMSを利用して運用されている場合

CMSを利用している場合は、データベース管理されているわけですから、DBdumpからデータ抽出する、もしくは公開側サイトをクローリングして、データを取得します。
データ抽出ができたら新しいCMSのデータベース構造に合わせてコンバータ(スクリプト)を作成します。
これが案件によって難易度が変わり、場合によってはおおがかりになり、大変になることもあります。
また、コンバート後にリンクチェック、CSSの調整などの作業も発生することがあります。

 

2.静的ページとして作られている場合

静的ページの場合はCMSに手作業で投入するか、前述のクローリングする方法です。
移行ボリュームによって方法は異なります。データ移行は、次のようなながれで行われます。

 1.   データ移行計画作成
 2.   データ移行設計
 3.   データ移行スクリプト作成
 4.   データ移行実施
 5.   検証、調整

ボリュームの多いサイトの場合はデータ移行計画をしっかり立てないと、リリースに間に合わない。。
…なんて大変なことになってしまいます。
CMSを構築する際は制作会社とデータ移行についてしっかりと話し合い、綿密に計画を立てましょう。
当社は今までに様々な移行プロジェクトに対応してきました。
移行計画、設計、スクリプト作成、検証と全てのフェーズにおいて経験豊かなスタッフがサポート致します。

  

4.CMS構築前に確認しておきたい5つのこと

確認事項

① CMS構築の目的を明確にする

CMS構築前にやるべきことは、まず「何のためのWebサイトを制作するのか?」という目的を明確にすることから始まります。
「周りがやっているから」や「Webサイトがないと企業として信頼が」といった理由でWebサイトを構築する場合が多いと思いますが
そういった不明確な目的のままでは、うまくWebサイトを活用できず、『ただあるだけのWebサイト』になってしまいます。
そうならないためにもWebサイト運用は「現状の課題を解決する」や「今後の展望のため」などの具体的な目的を設定して運用を進めていく必要があります。

 

② どんなWebサイトにしたいかを考える

どんなWebサイトにしたいか?ですが、これも明確になっていないと、発信していくコンテンツを考えるのに苦労することが予想されます。
Web上では数多くの企業サイトが存在しますので、それらを参考に運用後のイメージをしっかり持っておきましょう。
そのイメージと、Webサイトの目的を照らし合わせ、しっかりと情報発信していけば、ユーザーにとって有益なコンテンツとなっていきます。

 

③ KPIを設定する

KPIとは目標の達成率を表す指標です。
Webサイトの目的が「お問合せ数月10件」なら、そのために必要なもの「セッション数10%アップ」などがKPIとなります。
KPIについて詳しく知りたい方は、こちらのページで詳しく解説しています。
「KGI・KPIの整理&設定~目標を定めましょう~」のページをみる

 

④ コンテンツの設計する

「コンテンツはWebサイトの公開後でいいのでは?」と思われるかもしれませんが、
Webサイト公開後はコンテンツを定期的に配信し、最高の滑り出しで運営をスタートさせる必要がありますので、
公開前に複数コンテンツを作成しておくことが望ましいです。
ビジネスモデルとの整合性を図りつつ「ユーザーにとって有益なコンテンツとは何か?」ここが非常に重要になってくるので、しっかりと明確にしておきましょう。
その上で欠かせないのがターゲットユーザーを掘り下げた「ペルソナ」です。
ペルソナを作成することでユーザーのニーズが捉えやすくなり、的確なコンテンツ発信ができるようになります。
ペルソナについてはこちらのページで詳しく解説しています。
「ペルソナとは」のページを見る

CMS構築後の運用ででわからないことがあればご相談ください。
貴社の抱えている現状のお悩みを、当社がサポート致します!
シフトのWebマーケティング支援サービスMoW

  

⑤ CMS構築費用を明確にする

CMSWebサイトを構築する際は、構築時にかかる費用と運用時にかかる費用が発生します。
ここでは具体的にどういった作業項目に対して費用が発生するのかをご紹介します。

<初期費用>
 ・要件定義/打ち合わせ
 ・基本設計、情報設計、詳細設計、外部設計
 ・データ移行計画、移行設計(必要に応じて)
 ・CMSライセンス費用
 ・デザイン制作、HTML作成費用
 ・カスタマイズ開発費用
 ・単体テスト、結合テスト、外部結合テスト
 ・マニュアル作成
 ・リリース計画、リリース作業

⑥CMS運用費を明確にする

<運用費用>
 ・アプリケーション保守 
 ・サーバ費用、SSL、ドメイン、サーバ保守
 ・マーケティング支援(アクセス解析、SEOSEMなど)

このようにWebサイトは、構築前と構築後の運用のそれぞれで費用が発生してきます。
またこれらの項目にかかる費用は、制作会社によって異なってきますので、費用について詳しく知りたい方は各制作会社に問い合わせる必要があります。
シフトでCMSを構築する場合の費用が知りたい方は、こちらからお問合せください。

お問い合わせボタン

 

5.CMS構築後の運用で確認しておきたいこと

PDCAサイクル

コンテンツ運用体制を構築する

各担当の役割を明確にし、ガイドラインに沿ってコンテンツを作成することが大切です。
コンテンツの運用体制をしっかり構築しないと、一人の担当者に負担が偏ったり、コンテンツ作成が滞ってしまったりと、CMSのメリットを活かせない運用になってしまいます。
情報発信が活発に行われなくなってしまうと、Googleから評価されにくいWebサイトになってしまい、場合によっては検索順位などに影響を及ぼす可能性もありますので、運用体制はしっかり構築しましょう。

 

プロジェクトチームを構築する

Webマーケティングを実施する上でチームを作り、計画、ミーティングを行うことが大切です。

 

Webマーケティングの実施

CMSでWebサイトを構築したら、アクセス解析ツール、リスティング広告、SEO対策、MA導入などの使えるツールは是非利用してください。
高い費用をかけて構築したWebサイトも有効活用しなければ、宝の持ち腐れになってしまします。
しかし、構築後の運用を社内スタッフで全て行うのは、専門知識が必要になり、運用計画がマンネリ化しやすいことなどからも、なかなか難しいのが実情です。
そんなときは外部のサービスなどを利用するのも、一つの手です。
当社では確かな知識を持ったWebマーケターが、しっかりとデータ分析を行い、そのデータをもとに運用のサポートをします。

 構築後の運用にお悩みや不安がある方は気軽にご相談ください
シフトのWebマーケティング支援サービスMoW

 

6.CMS構築の進め方 ~シフトの場合~

CMS構築のステップ

ここでは、シフトでCMSを構築する場合の進め方についてご紹介します。
CMS構築がどんな流れで行なわれるのかイマイチピンときていないな…」という方は、こちらで流れをつかんで頂き、イメージを膨らませてもらえばと思います。

1.要件定義

 ・ヒアリング(セッションカレンダー、アクションアイテム)
 ・プランニング(要件定義書)
 ・見積り
 ・契約
 ・Fit & Gap
 ・サーバー選定(クラウド、オンプレ)

2.設計

 ・サイト構成設計
 ・UIUX設計
 ・公開側画面設計
 ・管理画面画面設計
 ・データ移行計画、移行設計

3.デザイン

 ・画面デザイン
 ・HTML作成(スマートフォン対応含む)

 

4.開発(CMS組込)

・管理画面プログラミング
・公開側プログラミング 

5.テスト

 ・単体テスト
 ・結合テスト

 ・外部結合テスト
 ・データ移行テスト
 ・受け入れテスト
 

6.公開

 ・リリース計画
 ・リリース作業
 

シフトではこのような流れでCMSを構築し、Webサイトを制作していきます。
これらの項目について詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

7.CMS構築する際に気をつけておきたい事

注意しましょう

適切なサーバーを選ぶ

サーバーの選択を誤った場合、「CMSの動作する条件・基準を満たせない」「将来のCMSのバージョンアップ・新しい機能の追加を行いにくい」「ハッキング被害に合いやすくなる」などのリスクを抱えてしまう可能性があります。
サーバーの種類には、レンタルサーバ・VPSサーバ・クラウド型サーバーなどがあり、自社のサイトの規模や特性、セキュリティレベルに応じて適切なサーバーを選択することが重要です。

 →当社のパッケージCMS SITEMANAGEはサーバーを選びません。
運用サポート、保守をしっかり行えます。
構築に際してはサーバー会社と連携してサポートが可能で、クラウドサーバやオンプレサーバなど、
Webサイトの内容に合わせて、コストメリットの出る提案を致します。

機能を追加できるか

CMSWebサイトを構築する際によくあるのは、あとになって必要な機能が足りていたかったことに気づくこと
「この機能必要だったな」、「構築時は費用を抑えたくて省いた機能がやっぱりあった方がよかったな…」など
構築後に気がついたものの、追加するにはかなり費用が掛かったり、場合によっては新しいWebを構築した方が早い…なんてことも考えられます。
しかし、そのようにWebサイトを拡張することはよくあることなので、構築時に確認しておくべきことは、【あとから必要な機能を追加できるか】という事。

当社のパッケージCMS SITEMANAGEなら、必要な機能を後から追加することが出来ます。
SITEMANAGEには100を超えるプラグインが用意されており、必要なタイミングでプラグインを追加アドオンし、安く早く拡張が行えます。

また、Webサイトを別で新しく構築追加したい場合も
 SITEMANAGEにはマルチサイトライセンスがあり、複数のサイトを構築することが簡単に行えます。

構築したWebサイトの運用がうまくいけば、ECサイトなどの別サイトを追加で構築したい。といったこともあるかと思います。
しかしその都度Webサイトを構築するとなると、コストも時間もかかってきますので、当社では『マルチサイトライセンス』という、複数のサイトを簡単に構築できるシステムをご用意しております。
今後複数のWebサイトを持つビジョンをお持ちの会社様や、その可能性がある会社様は是非この「マルチサイトライセンス」をご検討ください。
「マルチサイトライセンス」の詳しい情報はこちらでご紹介しております。
「マルチサイトライセンス」ページを見る

運用体制

CMS構築後の運用についての確認しておきたいこと】でも説明した通り、Webサイト構築後の運用は非常に重要です。
したがってWebサイトを構築する段階で、ある程度運用後の体制を整え、計画をしておく必要があります。
運用後にアクセスが増えない、購入数が増えないなどの悩みに直面した際にしっかり対応できるよう、マーケティングチームを社内で用意しておくことがベターです。
社内のリソースが足りない場合でもないがしろにせず、外部のサービスを利用するなどして、しっかりとWebサイトは有効活用しましょう!

  →マーケティングサポートは当社でも行っていますので、その後の運用に不安やお悩みがありましたら是非ご相談ください。


シフトのWebマーケティング支援サービスMoW

 

シフトのCMSSITEMANAGE」が選ばれる理由

オープンソースとは違う

全て自社開発なので、システム全体を把握。
オープンソースとは、プログラムのソースコードが無償で公開されており、誰でも自由にカスタイマイズすることができるライセンスを意味します。
WordpressMovableTypeなど、オープン型CMSはコスト面では優れているものの、多くの問題が発生してしまうのも事実です。

万全のセキュリティ

複数のセキュリティ対策を施しています。
ハッキングによるシステムへの攻撃にはもちろん、近年話題になっている人的ミスでの社内漏洩にも対策できるセキュリティ機能が標準装備されています。

 

カスタマイズに強い

機能単位のカスタマイズだけじゃない。
既に完成されたプラグインの組み合わせ、というと細かなカスタマイズが苦手と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
かゆいところに手が届くカスタマイズが得意。ご好評をいただいております。

 

利用シーンを選ばない

豊富に揃えた様々な機能のプラグインで、構築できないシステムモデルはないと自負しています。
単体モデルだけでなく、それらを組み合わせた独自のモデルだって、可能性は無限大です。

 

オリジナルデザイン

オリジナリティ溢れるデザインで差をつける。
管理画面にも自信があるSITEMANAGE。もちろん公開側にも手を抜きません。
今までに多くのサイト構築経験があるシフトならではの、プロのデザイナーによるシステムに縛られないデザインをご提供します。

シフト独自開発のCMS「SITEMANAGE」について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください

人気記事
カテゴリー
編集部おすすめの記事

社内ポータルサイト成功の秘訣!社内に浸透しやすい構築方法

はじめに 企業内の情報を確認するのに欠かせない存在といえるのが、社内ポータルサイトです。 社内に散らばった情報を一元管理し、さらにその管理を容易にする社内ポータルサイトは、非常に便利なツールだといえるでしょう。 会社の規模が大きくなるほど、組織・拠点ごとに複数の社内ポータルが用意され、社員はどこに何があるのかがわからず、あまり利用されず情報共有がうまくい…

ポータルサイトとは?成功事例に学ぶ失敗しない構築方法!

はじめに 「ポータルサイトってよく耳にするけれど、普通のWebサイトとなにが違うのかよくわからない」という方も少なくないと思います。 一般的な企業情報を発信するコーポレートサイトとの一番の違いは「集客」が目的になっている点です。 ポータルサイトの構築・運用がうまくいけば、これまで繋がりのなかったユーザーと新たな接点を作ることができ、多くのユーザーが集まるWebサイトになります。 …

CMS構築ってそうだったのか!制作のプロがわかりやすく解説

はじめに 「 Web サイトを作りたい」「 Web サイトをリニューアルしたい」など検討していると、必ず耳にするのがこの「 CMS 」だと思います。 Web サイトの更新や管理が簡単に行えるなど、概要は知っているけれど、実際構築するにあたって気を付けておくべきことや必要なものは何なのか。 どういう流れで構築されるのか。などなどさまざまな疑問があると思います。 この記事では…

よくある質問検索

例えば「メリット CMS」などのように検索してみてください

ご不明な点、気になることやご相談がございましたら
どんな些細なことでもお気軽にご連絡ください。

または03-5847-128103-5847-1281
株式会社シフト システム事業部(平日 9:30~18:00)

株式会社 シフト
〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2丁目9-8
Daiwa日本橋堀留町ビル2階
シンプル運用が可能なスコアリングMAツール
シンプル運用が可能なスコアリングMAツール
Webマーケティングに悩む企業の強い味方
Webマーケティングに悩む企業の強い味方
はじめませんか?マーケティングの最初の一歩
はじめませんか?マーケティングの最初の一歩