ディレクター歴10年!ECサイト構築時のknow-howを徹底インタビュー

ディレクター歴10年!ECサイト構築時のknow-howを徹底インタビュー

投稿日時:
2020/04/10 16:17

1.はじめに

 

 本日のブログの議題は、CMSECサイトについて書かせて頂ければと思っているのですが

 これまでのブログの中でも『CMSとは?』『ECサイト?』などなど

 一般的なノウハウ提供の記事を多く記載させて頂きました。

 今回は少し趣向を変えまして、これまでの500社を超える制作実績の中から

 ディレクター目線で構築時のエピソードをインタビュー形式で

 お伝えしていければと思います。

 今回はディレクター歴10年のベテランの域に差し掛かった「Iさん」にお話し伺っていければと思います。

2.インタビュー

2.1 シフトの案件

 シフトにサイト構築の相談をするクライアントさんはどんな案件が多いですか?

 やはり、新規構築よりリニューアル案件が多いのですか?

 

   半々ぐらいですね。Wordpressも多いですけどWordpressに限らず

   それ以外の裏側のシステムも古くなったため、乗換えるお客さんも多くいます。

 

 古くなって、使い勝手が悪く変えるような感じでしょうか?

 

   使い勝手っていうよりは、これ以上、機能の拡張するのが難しい場合ですね。

   古くても、まだ拡張できる場合はそのシステムを使い続けるお客さんも多くいますよ。

 2.2 ECサイト案件の特徴

 10年というディレクター歴の中で多種多様な案件を手掛けてきているかと

 思いますがECサイトの構築と絞り込んだ場合に印象深い案件は何かありますか?

 

   アニメグッツ販売のECサイトとインテリア家具の販売サイトが

   特に印象深いですね。

 

 なぜでしょうか?

 

   特に前者のアニメグッツのサイトは私が最初に担当した

   ECサイトでした特段の思入れがあります。

   楽しかったですが、大変でした!

 

 そもそも論なのですがECサイトと普通のコーポレートサイトですと

 リリースまでディレクションする際に何か違いってありますか?

 

   ECサイトは決済連携や会員管理、在庫管理などが必須になります。

   お金や個人情報を扱うためにセキュリティ面など気を使うことがたくさんあります。

   ECサイトならではの「ノウハウ」がないと構築は難しいと思います。

   たくさんのECサイト構築を経験することが一番の武器になるのではないでしょうか。

 

 スケジュールの話しになりますと制作部分で要件定義、設計、コーディング

 CMSの組み込みと色々フェーズが分けられると思いますがどのフェーズに時間がかかるものですか?

 

   要件定義、基本設計のフェーズが一番時間がかかります。

   クライアントのやりたいことを設計に落とし込む作業に時間がかかりますね。

   コーポレートサイトは運用フローが非常にシンプルなため、要件定義に時間はかかりません。

   ECサイトの場合は注文を受け付けた後の運用フローが各社バラバラなんです。

   シフトのSITEMANAGEはこのバラバラの要件をカスタマイズでなんとかできるパッケージなので、

   クライアントさんがいっぱいわがままいいます。

   このわがままを実現してあげるのが私の大事なお仕事なわけです。

2.3 ECサイトの最近のトレンド

 最近のECサイト構築する際のトレンドについて、

 何か特徴ってありますか?

 

   最近ですと、コンテンツの要素の配置なんかも昔と全然、異なってきますね。

   昔だと画面幅が950px に基づき、配置することが多かったですが

   最近だと11001200pxの場合が多いですね。

 

 なぜですか?

 

   PCの画面幅のワイド版になっており、

   その幅に合わせる形をとっているからです。

   あと、スマホの重要性がかなり高まっています。

   レスポンシブ対応は、もちろんマストですが、それ以上に

   サイトの導線設計の段階でスマホでの導線を優先して

   設計(購入までの導線等)を行うことが多くなってきてます。

 

 スマホ優先とは?

 

   例えば、購入までの導線を考える際に商品数、商品カテゴリが多い

   場合には必然的に階層が深くなる傾向があり、

   その階層の深さが離脱を招く要因となる場合があります。

 

   特にスマホの場合はその傾向が如実で、可能な限り画面タップの 

   回数を減らしたい都合を求められるます。

   そのため、PC表示で使いずらい場合でもスマホに併せて、

   なるべくトップページ、浅い階層で

   商品ないし、商品の詳細を決定させる導線を優先して

   設計することがあります。

   ほんとにどっちを取るかの選択ですね

 

   最近、特にお客さんの要望としても、とにかくスマホでの購入される

   割合が多い!、またほ多くしたいとの要望が多くあり、スマホ利用を

   想定した導線で構築することが多くなってます。

 なるほど、スマホが普及しだしたことにより

 サイトのデザインの仕方が根本から変わってきているんですね。

 

3.最後に

 今回はディレクターの方にサイト制作の

 裏側を語っていただきましたが、今後は制作側の方にも

 インタビューできたら、また違ったか角度からの意見が

 出てきて面白そうですね。

 次回以降、更新の際にはぜひお読みいただけましたら幸いです。

 ご購読ありがとうございました!

 

人気記事
カテゴリー
編集部おすすめの記事

ポータルサイトとは?意味や種類から失敗しない構築方法まで解説!

はじめに 「ポータルサイトってよく耳にするけれど、普通のWebサイトとなにが違うのかよくわからない」という方も少なくないと思います。 一般的な企業情報を発信するコーポレートサイトとの一番の違いは「集客」が目的になっている点です。 ポータルサイトの構築・運用がうまくいけば、これまで繋がりのなかったユーザーと新たな接点を作ることができ、多くのユーザーが集まるWebサイトになります。 …

社内ポータルサイト成功の秘訣 コミュ力高めて問題解決!

*この記事は2021年8月17日に更新されました。 はじめに 企業内の情報を確認するのに欠かせない存在といえるのが、社内ポータルサイトです。 社内に散らばった情報を一元管理し、さらにその管理を容易にする社内ポータルサイトは、非常に便利なツールだといえるでしょう。 会社の規模が大きくなるほど、組織・拠点ごとに複数の社内ポータルが用意され、社員はどこに…

会員制サイト構築のすべて。クローズド特有の機能と制作のポイント

はじめに 会員の方だけがWebサイトにアクセスできたり、一般ユーザーと会員ユーザーで閲覧できるコンテンツを制御したりできるのが会員制サイト。 その会員制サイトはクローズドサイトとも呼ばれ、運用する目的によってさまざまな種類があります。 種類や形態によって違いはあるものの、会員との関係を強化でき、製品やサービスの追加購入がしやすくなるというメリットは共通します。 …

TOP

ご不明点やご相談がございましたら
お気軽にご連絡ください

些細なお悩みや質問などございましたら、
どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちらから
03-5847-128103-5847-1281 平日 9:30~18:00